高濃度炭酸泉とは?

お湯1リットルに炭酸ガスが0.25g以上(250ppm)溶けたものが炭酸泉と定義されており、そのなかでも、1000ppm以上のものを高濃度炭酸泉と言います。その効能は、濃度が高ければ高いほど強く発揮されると言われています。

炭酸泉は、なぜ頭皮にいいのか!?


炭酸泉で洗う事で、毛穴の奥の過酸化脂質が、取り除けます。

そして血流促進や、弱酸性で地肌を整えます!

二酸化炭素を溶け込ませたお湯が「炭酸泉」。この炭酸泉を肌や頭皮に使うと、うれしい効果があるとわかってきた。

炭酸泉の効果…「二酸化炭素の血行促進効果にある」、「血流量が増えれば酸素の供給が増えて細胞が活性化し、肌の新陳代謝(ターンオーバー)も良くなる」。

加えて、炭酸水の気泡に汚れを取り去る性質があることもわかってきた。皮脂や角質などの汚れを落とすのに活躍してくれる。これら二つの作用から、毛穴が引き締まったり、頭皮がスッキリしたりするようだ。
美容室の炭酸泉は、市販で売られている炭酸水と種類が違います。

まず、美容室で使われている炭酸泉はお湯の中に炭酸が入った炭酸泉なので、泡が非常に細かく炭酸が空気中に逃げることが少ないです。そのため、頭皮への浸透率が高く、汚れを落とす力も強いです。

以上のことから、頭皮の汚れや臭いをなんとかしたいという方や、本格的な頭皮ケアをしたいという方には、美容室で定期的にケアをする方が効果が期待できます。

powered by crayon(クレヨン)